FPS初心者が強くなるために鍛えた方が良い能力

FPSが強くなりたい!という方も多くいらっしゃると思います、まだ始めたばかりで右も左もわからない、向いているのかどうかすらわからない、という方、でもどうせやるなら強くなりたいと思うはずです。
そんな方達のために、FPSで強くなるために必用な、鍛えたほうが良い能力を列記いたします。

動体視力と反射速度

FPSはまず、動体視力が必要です、FPSはまず敵を討たねばなりません、討たれるまえに武器を撃って、敵を討ちます。
ここで敵を視認する能力が欠如していたら、いくらどんなに良いパソコンの機器や周辺機器を持っていても宝の持ち腐れとなってしまいます。
鍛え方としては、最近ではスマートフォンなどで動体視力トレーニングアプリなどあります、昔任天堂DSなどでも発売されておりました。
また、そういったものが無い方で外出される方は、電車の窓から看板の文字などを読み取ってみたり(なるべくすぐに流れてしまうもの)歩道から対向車の車のナンバーを見て読み上げてみたり(声に出すと不審者になるので静かに)すると良いでしょう。
動体視力が上がっても、その動きに反射できないのでは仕方がありません、エヴァンゲリオンで有名な【目標をセンターに入れてスイッチ】を素早く行える反射速度が必要です。
鍛え方としては、こちらもアプリでもあったりします、日常でしたら、歩行者など視認したさいに、男性なら左手、女性なら右手を動かすということを決めておけば鍛えることも可能です。
できるだけ早く、人に挙動不審と思われない事をするのが良いでしょう。

平衡感覚

三半規管が弱いと3D酔いしたり、めまいなどが起きてしまいがちです、長時間FPSをプレイするようでしたら鍛えておきましょう。
この方法は楽ビーボール型のバランスボールの上に座って足を離してみる方法です。(横にクッションなどをひき、また壊れるようなものを置かないでください。)
段々と慣れていけば、平衡感覚が養われていきます、また【慣れ】も必用ですので、オンラインではきっとなれないうちは酔うか、またはやられまくってしまうので、オフラインなどでFPSゲームをプレイして慣れていくのも良いでしょう。あとは環境も大切です。人気FPSをやるならCSGO推奨PCくらいハイスペックなゲーミングPCを使うのがおすすめです。
FPSはスポーツ並みに神経を使うゲームなので、日常からスポーツに取り組むのも良いので、上記能力を鍛えてより健康的にFPSを楽しみたいものです。